痩身エステが向かない人がエステに通ったらどうなってしまうのでしょうか

MENU

痩身エステに向かない人の特徴

 

前に痩身エステに向いている人について述べましたが、逆に痩身エステに向かない人はいるのでしょうか?

 

世の中のダイエット法と同じように、痩身エステは全ての人に向いているとは限りません。自分がどのダイエット法に向いているのかを見極めるのも、ダイエットを成功させるポイント。

 

ここでは、痩身エステに向かない人を確認しておきましょう。

 

 

続けることができない人

ソファでだらける女性

 

これは痩身エステに限ったことではないですが、ダイエットの一番のポイントは継続するということ
まずは、継続できるか否かをよく考えてから痩身エステに行くことをおススメします。

 

 

時間を作るのが難しい人

 

時間に追われて頭を抱える女の人

痩身エステでは各々の体質や体型に合わせて、どのようにしたら痩せるかを考えていきます。

 

理想の体型に近づいていくために、1週間に1度または2週間に1度という頻度で、通うことが前提とされます。期間に関しては、各々によって違いますが、少なくとも数カ月は通うことを頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

なので、自宅や仕事先に近いサロンや駅近のサロンなど、継続して通うことができるような場所にすることも考えましょうね。

 

 

経済的にしんどい人

 

電卓とにらめっこする女性

自己流のダイエット法と違い、痩身エステはプロの施術を受けるので、ある程度の費用がかかるのは言うまでもありません。しかも、1回限りでなく継続していくことになるので、経済的に余裕がない人にはおススメしません。

 

痩身エステのプロは、お客様を理想の体型にするのがお仕事なので、結果が得られなければ様々なコースを提案してくると思います。その時に、多少の経済的余裕がないと、イチイチ悩むことになりストレスになることも。

 

痩身エステ代として、ある程度お金を確保しておくと良いかもしれませんね。

 

 

飽き性の人

 

何をやっても三日坊主の人に痩身エステは向いていません。
とにかく継続こそが効果を実感できるので、初めの1~2回で結果が出なかったからと言って、すぐに止めてしまう人は、初めから通わない方が良いでしょう。何事も継続は力なりですよ。

 

 

 

持病がある人

頭痛を感じる女性

 

痩身エステでは、様々なマシンを使います。それに電気刺激を体に与えたり、マッサージで体の部位に圧を入れたりすることもあります。

 

そんな時、持病があって薬を長年服用していたり、心臓にペースメーカーを入れていたりすると、施術時に反応してしまい、重篤な症状になることも。

 

持病がある人は気を付けているとは思いますが、自己判断は絶対せずにカウンセリング時に必ず相談するようにしましょう。また、念のためにかかりつけ医に確認することも怠らないようにして下さいね。

 

 

プロのアドバイスを聞けない人

カウンセリング風景

 

痩身エステの魅力は、何といってもただ寝ているだけで脂肪が落ちていくという点です。

 

しかし、これを「とにかくサロンに通っていればダイエットができる」と勘違いしてしまう人も多くいます。継続して通っていたとしても、家で暴飲暴食を繰り返していては全く効果が上がりません。
そのために、痩身エステでは施術と並行して食事の指導も行われます。

 

色んな人の体を触っているプロは、アドバイス通りの食事をきちんと行っているかはすぐに分ります。脂肪が落ちて太りにくい体質になっていけば褒めてくれますし、アドバイス通りに行っていなければ注意もされます。

 

まさに、一心同体の気持ちで同じ目標に向かって頑張ってくれるので、プロのアドバイスを素直に聞ける人はみるみる結果が出てきます

 

逆にプロのアドバイスを聞けない人は、向いていないということですね。