痩身エステ要注意!予約日当日に気を付けないといけない6つ

MENU

エステで効果を実感するためには

 

張り切って申し込んだ痩身エステ。せっかくお金を払って通うのですから、効果は最大限に発揮させたいですよね。痩身エステ当日の注意点を把握しておくだけでも、効果は断然に変わってきます。

 

しっかりと結果を出すために注意点を早速詳しく見ていきましょう。

 

 

体調は万全に

脈を図る女性

 

エステ全般に言えることですが、痩身エステを受ける時は体調に充分気を付けて下さい。

 

施術者は、お客様に痩せてもらうために、ある程度の圧力をかけて全身をマッサージしたり、電気刺激などを与えたりします。

 

それで血行が良くなるので、体調が悪いと逆にそれが刺激となって体調がより悪化する可能性があるのですよ。

 

 

もちろん持病のある方は医師に相談した上でサロンを利用してください。

 

また、体調面では通えるにしてもサロンに通うこと自体に向いている人と向いていない人もいます。行ってみて損をしないように自分がサロンに通うのに向いているか確認してみましょう。

 

▶痩身サロンに通えるかどうかチェックする

 

 

 

過度の飲酒は避ける

 

言うまでもありませんが、前日にアルコールを飲み過ぎないようにして下さい。

 

アルコールの作用により全身に多少浮腫みが出ているので、施術中に痛みを伴う可能性があります。効果が出にくくなるどころか、内臓へ負担がかかり危険を伴うこともあるので、過度の飲酒は絶対に避けて下さいね。

 

 

 

生理中はできるだけ避ける

 

ナプキン

生理中でも施術OK!というサロンもありますが、基本的に生理中は避けておいた方が良いです。

 

それは、経血がベッドに万が一付いてしまうからという理由ではなく、体調の面でNGなのです。生理中は、何となく体調がすぐれない人も多いですよね。そんな時に痩身エステを受けると、生理中の不調が更に悪化することがあるのです。

 

その上、生理中はお肌が敏感になっているため、マッサージなどで刺激することでお肌に赤みが出てしまったり、アザが出来てしまったりもします。中には、気持ち悪くなり貧血気味になったりもしますので、生理中はできるだけ行かないようにしましょう。

 

またPMS(月経前症候群)の症状がひどい人は、生理前も避けた方が良いでしょう。ベストなタイミングは生理後ということですね。

 

 

 

 

化粧が多少崩れることを念頭に

メイク道具

 

痩身エステを受けると、血行が良くなり脂肪燃焼をしていくので、体がポカポカしてきます。

 

かなり高い確率で汗をかくので、化粧が多少崩れることを頭に入れておいて下さい。痩身エステの直後にお出掛けする予定を入れる人もいますが、化粧ポーチを持参して化粧直しをすることは必須ですよ。

 

 

 

当日の服装について

服選びに悩む女性

 

痩身エステ当日の服装を迷われる人も多いと思います。

 

サロンによって違いはありますが、専用の下着に着替えるところが殆どなので、脱いだり着たりするのに時間がかからない服装がおススメ。専用の下着に着替えない場合は、自前の下着を施術者に見られることになりますので、下着は綺麗目のものを見に付けるようにしましょう。

 

下着が汚れていたり、薄くなっていたり、穴が開いていたりしたら恥ずかしいですよね。

 

 

 

コンタクトケースも忘れないこと

 

痩身エステを申し込む際に言われると思いますが、施術中コンタクトは外す必要があります。
なので、コンタクトレンズの代わりに眼鏡で行くか、コンタクトをしている場合はコンタクトケースを必ず持参するようにしましょう。